Skip to content

縦割りの保育を重視する保育園が増加中!

縦割り保育について

保育園では当たり前でも、世間ではあまり知られていない保育方針があります。

縦割りと呼ばれる保育はその代表といえるものです。

園児にさまざまな影響を与える手段として、多くの現場で取り入れられています。

一般的に保育をするときは、同じ年齢の園児を集めてクラスを構成します。

子どもは年齢が一つ違うだけでも、体格や知能に大きな差が見られます。

そのため同じ年齢の園児を集めたほうが、いろいろな活動を行いやすくなるのです。

保育士にとっては世話がしやすくなるメリットがあります。

それに対しても年齢でクラスを分けずに保育を行うことを縦割りと表現しています。

またクラスは年齢で分けるけれど、ときおり年齢で区切らないチームごとに活動するケースもあります。

他にもいくつかのパターンがありますが、年齢によって区切らないことで特別な効果を得られるのです。

保育のクオリティを向上させるために、政府もこの保育の方針を重視しています。

その影響を受けて、積極的に取り入れようとする保育園が増加中です。

しかし具体的に、どのような効果を得られるのか分からない場合もあるでしょう。

最も大きな効果として、通常の保育より成長を促しやすいことが挙げられます。

同じ年齢の園児といると感性が近いので足並みを揃えやすいメリットがあります。
一方で自分に近い存在ばかりなので、刺激を受けにくいというデメリットもあるのです。

自分とは異なる体格や知能の園児と接することで、多くのことを学ぶチャンスに恵まれます。

以前は普段の生活においても、異なる年齢の子どもが集まって遊ぶ機会が多くありました。

しかし現代の日本は近所付き合いが減っていることもあり、そのような機会も減少しつつあります。

そのため異なる年齢の子どもと接するのは、ずいぶん先になってしまうケースも珍しくありません。

このような変化を心配している教育関係者はたくさんいます。

そこで注目されるようになったのが縦割りの保育です。

この問題を解消して、子どものコミュニケーション能力を育んでいく手段として期待する声が増えています。

縦割り保育で得られる効果とは

得られる効果はコミュニケーション能力の向上だけではありません。

たとえばメンタルに及ぼす効果も非常に大きいといわれています。

自分との差が大きな相手とも付き合っていくことで、協調性が育まれるケースが多く見受けられます。

最初は仲良くできないかもしれませんが、しばらくすると打ち解けるケースがほとんどです。

たとえば最初のうちは年上の園児と馴染めないことも珍しくありません。

しかし年上の園児の行動を観察しているうちに、憧れを抱くようになるのです。

自分には不可能なことを容易にやってのける姿に刺激を受けやすいです。

そうなりたいと感じるようになれば、打ち解けるのに時間はかかりません。

年上の園児にとっても、憧れられるのは気持ちが良いことだからです。

年下の園児から頼られるようになると、得意になってサポートしてあげます。

そうするうちに自分より弱い存在を守ろうとする優しさが培われていきます。

その効果が連鎖していくことも大きな特徴といえるでしょう。

年上の園児からサポートを受けた場合は、自分も年下の園児に優しく振る舞おうとします。

そのようにして保育園のすべての園児に効果が伝わっていくのです。

保育を受けている時期は非常に感性が豊かで、多くの場合はまだ先入観を持っていません。

人格形成に影響を受けやすい期間に、縦割りの保育によって多くの刺激を受けられるのは大きなポイントといえます。

この時期に身に付けた優しさやコミュニケーション能力は、今後生きていくうえで大切なベースになるでしょう。

ハッピーマムは、縦割り保育を推奨しています。

(参考サイト:ハッピーマム茗荷谷小日向園

縦割りの保育のメリットとは?

ただしデメリットについて考慮することも忘れてはいけません。

やはり同じ年齢の園児ばかりと活動するときより、トラブルが起こりやすくなります。

能力の差が大きいので、同じことにチャレンジした場合の結果にも差が生じます。
年上の園児がすぐに終わらせられる課題も、年下の園児は時間がかかってしまうのが一般的です。

その場合は年上の園児はずっと待たなければなりません。

退屈になって癇癪を起す場合もありますし、年下の園児との活動を拒むようになるケースもあります。

また年上の園児が走り回って、まだ走れない園児に衝突してしまうようなリスクも存在します。

このように警戒すべきことが多くあるので、保育士が注意深くフォローしてあげることが必要不可欠です。

使用する玩具や活動するエリアなども慎重に検討しなければなりません。

そのため負担に感じる保育士もいるでしょう。

しかし縦割りの保育には、保育士に役立つノウハウを得られるというプラスの要素もあります。

通常のクラスを担当しているだけでは分からないことに気付けるのです。

年齢の違う園児が協力している様子を見ると、いろいろなことを感じるでしょう。

たしかにトラブルが起こることもありますが、その分だけ柔軟な対応力も身につけられます。

Published in未分類