Skip to content

自分に合った枕の選び方

枕なんてなんでも一緒だと思っていたのですが、こだわって買ってみたら違いに驚きました。

そして、高すぎる枕を使っている人が多いという事に気が付きました。

立ったままの状態で横になれる枕が自分に合った枕なのですが、初めて使ってみるととても低くて眠りずらいと感じたのです。

立ったままの状態とは、寝たときに横からほかの人に見てもらい体が猫背になっていたり頭が下がりすぎたり逆に頭が上がりすぎたりという事がない事です。

ほぼ、まっすぐに天井を見ることができるという事です。

仰向けだけでなく、横向きになったときにも同じことが言えます。

頭が下がりすぎる・上がりすぎるという事がないようにできることが大切です。

肩に圧がかかりすぎると朝起きたときに肩が痛いという事になります。

首が支えられていないと首が痛い、肩が凝るという事になります。

高さはとても重要です。低すぎるものもよくないので、寝てみて立った状態になっているかを仰向けと横向きで確認しましょう。

しかし、慣れていない高さでは物足りなく感じてしまうものです。

数日間我慢をして使っていると肩こりが軽くなってきました。

高さだけでなく素材も大切だという事にも気が付きました。

柔らかすぎたり沈み込んだままの素材は、高さの調節ができないので自分に合った枕として長く使えないのです。

逆に硬すぎる枕も首が痛くなってしまいます。

首などのくびれた部分を支えて、出っ張った後頭部も押しすぎないという素材や形のものがしっくりくるのです。

沈み込みすぎず、硬すぎないものを探して使ってみました。

素材はへたりにくく、熱がこもりにくいものを選びました。

柔らかすぎる素材は、すぐにへたるだけでなく高さがすぐに変わってしまうので合う高さだと思っていてもすぐに低くなってしまいます。

硬すぎる素材は当たる場所が痛くなってしまいます。

へたってしまった時などには、中の素材を入れたり出したりして調整ができるという事も長く使えることになります。

そして小さすぎないという事もとても大切だと感じました。

寝返りのたびに起きてしまうことなく、自然な寝返りを打ちやすい大きさのものが理想的です。

小さいと寝返りで落ちてしまうので、適度な大きさのものでゆったりと眠ることができるほうがいいと感じました。

自然な寝返りを打つことができると、熱がこもりにくくなり快適な睡眠をとることができます。

寝返りがうてないと体液や血液が循環しにくくなるのです。

健康のためにも美容のためにも、寝返りがうちやすいということが必要です。

高すぎるという事も寝返りがうちにくくなります。

中の素材が動きすぎないものも使いやすいといえます。

いくつかのポケットに分かれているというものがいいと感じました。

ポケットが分かれていないものは偏りやすいので、ちょうどいい高さで安定するのが難しいのです。

側生地の素材も硬すぎたりすぐに破れたりしない、丈夫なものなど違いがあります。

 

 

眠りが浅い人は必見!家庭でカンタンに作れる「タオル枕」の快眠効果がすごいかも
枕 オーダーメイド

Published in未分類