Skip to content

保育所とは一体どういう施設のことか?/全保連より

保育所の概要

未就学の乳幼児を預ける場所は幼稚園や保育園、保育所、託児所等がありますが、これらは管理している法律、さらに所轄の省庁によって名称やその保育内容などが変わります。

また預かる事が出来る月齢の子供も違っているので、全て同じ様な内容の施設と言う訳ではありません。

女性の社会進出が進み、出産後も仕事をする人が増えてきた為、利用者も増えている施設の一つが保育園です。

 

実は、保育所は保育園の正式名称です。

ただ世間一般と児童福祉法での扱いには差がある場合があり、一般的には施設の面積が広いか狭いか、さらに園児が多く在籍しているかどうかで呼び名を変えたり、公立私立で呼び名を変えたりする場合も有りますが、両者とも法律上は同じ目的で設置されている同じ施設です。

元々この施設は保護者が仕事をしたり病気の治療の為等の理由で適切な保育が出来ない0歳から小学校入学までまでの乳幼児を保育する為の施設です。

 

厚生労働省の管轄下にある

利用に際しては保護者の年収によっても保育料が変わります。

また年少になるまでの保育料は少々高額になる場合も有りますが、年少になった時から一気に保育料が安くなると言うのも大きな特徴です。

そこで働く為には保育士の資格が必要で、これは国家資格の一つです。

全保連
出典:http://www.hoiku-zenhoren.org/

全保連によると、幼稚園と大きく違うのは管理している省庁と、そこで預かる事が出来る乳幼児の年齢が違う事、さらに許可の要不要と言う点です。

幼稚園は文部科学省が管理していますが、保育園・保育所の場合は厚生労働省が管理しています。

 

また前者の場合は許可を得なければその名称を使用する事は出来ない事になっていますが、後者の場合は許可を得なくてもその名称を使用する事が出来るようになっているので、無認可で経営している所も存在しています。

託児所自体は商業施設の一角を利用したりして経営している場合も有りますが、こちらも乳幼児を預かって貰える施設となっています。

数時間預かって貰うだけ等一時的な利用もできるようになっていますが、継続して利用する事もできるようになっており、利用者の条件に合わせて活用できる施設です。

 

通常は託児所と呼ばれる場合が多くなっていますが、こちらも開くための認可が必要と言う訳ではない為、中には保育所と名乗っている所も有ります。

したがって、現在日本において乳幼児の保育を行う施設は幼稚園と託児所を含む保育所の大きくは2種類に分ける事が出来るようになっています。

また両者の特徴をミックスしたこども園もできており、様々な施設が存在しているのが現状です。

Published in未分類