Skip to content

武蔵野音楽大学に入れば音楽関連の仕事ができる

■音楽家を多数輩出している武蔵野音楽大学

武蔵野音楽大学は、多くの有名な音楽家を生み出したところとして有名です。

(参考:武蔵野音楽大学 – YouTube

音楽家として認められて、音楽で生計を立てるのは容易なことではありません。

しかし、この大学の卒業生はそのことに成功しています。

この大学を卒業した後の進路として、ウィーン国立音楽大学、パリ国立高等学院、ジュリアード音楽院などがあります。

世界的に有名な音楽の学校に、この大学の卒業生は進んでいます。

それらの上級の学校でさらに研鑚を積むことで、武蔵野音楽大学の卒業生は、一流の音楽家になっていきます。

世界的に有名な音楽の学校で勉強を続けるのは難しいのですが、この大学で学んだことが基礎になっているのです。

どんな技術でも基礎がしっかりしていたら、応用が容易になります。

この大学では、音楽家として大成するための基礎の部分を、特に重視しています。

大学に入る時点で、基礎のできている人はいるのですが、それだけは不十分です。

大学に入ってからは、その基礎を確実なものにしていきます。

具体的には、講師や教授が、一人一人の学生の資質を見抜いて、それに合った指導を行います。

音楽の演奏家にとっては、個性も大切です。

自分の個性を出すことができたら、世界的に認められる音楽家になることができます。

■就職に役立つサポートが充実している

全ての人が、有名な音楽家になれるわけではありません。

地道に普通の生活を送る人もいます。

そのような人達にとっても、武蔵野音楽大学は、支えになります。

1年次から、就職に役立つサポートが行われています。

例えば、1年生は就職や進路の基礎を学ぶことになっています。

個人の面談も実施されます。

2年生になると、就職支援のセミナーが開かれます。

この大学を出た生徒の中には、各種の学校で教員になる人もいます。

特に中学校や高校の先生になる人が多くなっています。

教職希望の人達をサポートする仕組みも整っています。

その例をあげると、1年生の時に教員免許課程専攻ガイダンスがあります。

3年時には、教職教養講座を受けられます。

この大学は、日本の音楽産業ともつながりを持っています。

それを生かして、就職することもできます。

3年時に実施されるインターンシップによって、音楽業界の実際の仕事を体験できます。

武蔵野音楽大学の特徴の一つに、留学する人が多いことがあげられます。

上記に書いたような有名な音楽学校に入ります。

そのためには、選考実技の力を伸ばすことが必要ですが、言葉の能力を身に付けることも求められます。

その指導も学生の親身になって、行われています。

Published in未分類