Skip to content

婚活ならぬ恋活について

出会い

恋活とは?

婚活という言葉を初めて耳にしたのはいつだっただろうか。
いまや恋活の時代がやってきた。

婚活は結婚を前提としたお付き合いを目的とするものであるが、恋活はその手前、恋人をつくりたい、恋愛をしたいといったことが目的であり婚活イベントよりも恋活イベントのノリはパーティーを楽しむような少し軽い感じのものである。

実際、年下の友達で器量もよくスタイルもよい女の子が、なかなか彼氏が出来ず何度か恋活パーティーへと足を運んだときの話をしてくれたことがある。
恋活もそのイベントやパーティーの主催者によって雰囲気も参加メンバーもかなり違うようだ。

実際、友達は明るく器量もよくスタイルも抜群であるが何故か初対面になるといつも行動が極端になってしまうのである。
全く自分を出せず上手く話せずに帰ってきた日もあれば、自を出し過ぎてしまって面白いねで終わって帰ってきた日もある。

なぜ恋活というものができたのか?

そもそも何故恋活なるものができたのか。
出会いの場がないのが1番の理由であろうか。

自分が動かなければ何も変らないので恋活には多いに賛成である。
しかし婚活にはかなりの割合の人が真剣に相手を探しているのに対して恋活にはどのくらいの割合の人が本気で恋人をさがしているのであろうか。

皆、真剣だけれどもつい恥ずかしくて自分の気持ちをごまかし茶化してしまう人も多いであろう。
どの場においても、やはり人と人である。
どんな形にせよ動かなければはじまらない。

動き続けることで何かが変わってくる。
それは自分自身かもしれない。

相席居酒屋について

相席居酒屋というものもあるが、全部の店がそうではないと思いたいが身近にヤラセの店がある。
女の子はサクラなのだ。

また別の知り合いの男性の話になるが、彼もずっと彼女がいない。
先に話した女の子と彼との共通点は芯の部分が純粋すぎるのだと私はおもっている。

その彼が相席居酒屋へ行くと言い出したので内容を話した。
しかし彼は話のネタにとそこへ行った。

結果は言うまでもないが、それでも動いた彼は色んな女の子と話をしたことで少し自分に自身がついたようだった。
行った後の彼が少し素敵に思えた。
ゆっくりでいい、立ち止まらなければ素敵な人と巡り合えるだろうなと確信した。

Published in出会い