Skip to content

吉野氏の見解とは?観光名所はこれからはやり方を考えるべき

日本

専門家の吉野勝秀氏が観光名所について解説する

観光名所もこれからはやり方を考えていく必要があるという事になるのかもしれません。

というのは、これまでは観光名所はただ見せるという事だけを考えているところがありましたが、最近はモバイル端末で様々な事をする事が出来る用になっているので、見せ方一つも工夫することが出来る用にもなっていると専門家の吉野勝秀は言及しています。

その一つとしてモバイル端末に過去のその場所の映像を見せるというにするという事も考えても良いでしょう。

これまでは看板一つで説明をするという事だけでしたが、今後はそうしたネットを駆使して情報を獲得することが出来る用にする事で、よりその場所の魅力を伝えることが出来る用にするという事も出来るわけです。

その場所に来れば、バーチャルリアリティーの映像を獲得できるようにしておいて、そこにお城を再現するというような事をしても面白いもしれません。

すると、観光地の魅力がよりさらに大きなものとなるという事は間違いありません。
やり方次第で様々な工夫をする事が出来るのが、映像という事になります。

つまり、単に遺跡を見せるというような事だけではなく、最新技術を駆使して、映像を見せるという事でより魅力的な紹介をするという事はいくらでも出来るという事になるというわけです。

VRを使ったアニメーション

VRもその一つですが、アニメーションなどを使うという事も良いでしょう。
その地にまつわる伝説などをアニメーションにして、見てもらう事が出来る用にするという事をすると、観光地がより魅力的になる事は間違いありません。

最近はゆるキャラのようなもので観光地をアピールするのが当然というような事にもなっていますが将来的には、ゆるキャラブームではなく、アニメーションブームという事で、その地の伝説などをどんどんとアニメ化していき、より魅力的にその地を紹介することが出来る用になるでしょう。

プロモーションムービーのようなものを作るわけですが、それにはアニメーションはうってつけの方法という事になります。
というのは、アニメーションはある程度の誇大な広告が許させるという事があるからです。

つまり、分かりやすい表現をする事が出来るわけで、満開の桜を咲かすことも簡単に出来る事になります、霧や水など様々な演出をする事も可能になるので、その表現方法はいくらでも考えることが出来るようになるわけです。

観光地はある意味では自分の長所をより誇大に分かりやすく表現するのかという事が問われるという事もあるかもしれません。

いくらよいところだといってもそれが映像として分かりにくいものになっていれば、観光地としての魅力は無いに等しいわけで、アニメーションを使用すると簡単にその良い所を説明することが出来るという事になります。

アニメーションは見ている人にとって非常に分かりやすい

アニメーションは必要な部分だけを簡単に抜き出すことが出来るので、見ている人にとって非常に分かりやすいという事があります。
例えば、人の顔にしても全てを描く必要は無く、目と眉毛と口があれば、それで表情を表現することも出来てしまいます。

そして、その表現方法によってはそれだけで笑いを獲得することも出来るかもしれません。
本来の人の顔にはないような、怒りなどを描いたり、涙などを特徴的に描く事で、より魅力的に人を表現するという事も出来てしまうというわけです。

似顔絵の技術を見れば人の顔の表現方法も実に多岐にわたる表現がある物だという事が分かります。
その分かりやすい表現を観光名所でも使うようにすれば、よりその地の魅力を伝えることが出来るようになるというわけです。

最近では観光名所をより魅力的にするためにプロジェクションマッピングを活用して、映像をそこに映し出しながら綺麗な演出をするというような事も当たり前のように行われるようになりました。

こうした事が行われるところが多くの人を呼ぶことが出来る用になっているという事も事実としてあると言えるはずです。

何故ならこのような事をするところは、様々な演出方法で観光客に楽しんでもらうという事を考えているので、何もしないところとでは雲泥の差の魅力が出来るという事になるからです。

これから観光立国を目指す日本はどう考えるべきか?吉野勝秀氏の見解は?

単に観光名所を見てもらうというだけのところは、やはり工夫がないので、物足りないという事を感じる人も少なくはありません。
過剰な演出は不要ではありますが、出来る事は何でもするという事も必要となる事は間違いないはず。

というのは、日本はこれから観光立国を目指すというわけですから、単に見せるというだけのことを考えるのではなくて、分かりやすく見てもらって良かったと思ってもらう事が出来る見せ方を考えるという事も必要になるという事でしょう。

そうしなければ、リピーターを獲得するような事は難しいでしょう。

ディズニーランドのようなところが何度も来てもらう事が出来るのは、見せ方というモノを常に考えているからであって、同じ演出でいつまでも人気を獲得しているわけではないと言う事を知っておく必要があります。

Published in観光