Skip to content

ネット社会で快適に過ごすためには

最も素の自分が出るのがネット

ネットでは役を演じている方も多いでしょうが、最も素の自分が出るのがネットとも言われています。
特に匿名掲示板だと自分が誰なのかバレる心配がないため、普段は隠している性格の悪い部分が出てきたりします。

その結果、誹謗中傷をしてしまって後から後悔する状況に追い込まれることもあるでしょう。
ネット社会は悪い人が多いと言われていますが、確かに悪い人が集まりやすい環境にあることは確かです。

リアル社会では人間関係を構築するのが難しいという方でも、ネットには大勢の友達がいたりします。
言葉だけのやり取りになるので、よい意味で悪い部分を隠すことができたりします。

ネットでトラブルになりやすい人は、ストレスが溜まっているときはネットをしないのが基本です。
イライラしていると文章もきつくなってしまうので、気持ちが安定しているときに楽しむようにしてください。
文章はそのときの気持ちがそのまま表れてしまうので、自分では隠せているつもりでも隠せていません。

プライバシーに関わる情報を出さない

ネット社会を安全に楽しむためには、プライバシーに関わる情報を出さないことが鉄則です。
一つの情報から個人を特定することは難しいですが、複数の情報が絡み合ってくるとバレてしまう可能性が高くなります。

また写真から場所を特定される可能性もあるため、なるべく場所を特定される写真は掲載しないほうがよいでしょう。
絶対にわからないと思っていても、見る人が見ればわかってしまうのがネットです。

実際に長年SNSをやっている人の中には、世の中は意外と狭いものだと実感したと話していることが多いです。
写真を掲載するときは十分に考えて、場所を特定されないか慎重になってください。

自分のブログのファンがストーカーになってしまうケースもあるため、個人情報は掲載しないのがポイントです。
漏洩したり特定されたりした情報は、完全に消すことはできません。
ネットに拡散されてしまえば、すべて回収するのは不可能になります。

交流する相手は絞っておくのがいい

ネットは他人と簡単にコミュニケーションが取れる便利なツールですが、交流する相手は絞っておくのがいいです。
大勢のファンを作りたいと考えるのは芸能人なら普通の感覚でしょうが、一般人の場合はリスクがあることも知っておきましょう。

当然ながらファンが増えるほど誹謗中傷を受ける可能性は大きくなり、これは人気者の宿命とも言えます。
妬みのターゲットにされやすいので、ネット社会で承認欲求を満たすという考えはおすすめできません。

人間は誰でも他人から認められたいという承認欲求がありますが、それをネットで解消しても虚しさが残ります。
ブログではセレブを装っていても、実際には借金生活に浸かっているという方は少なくありません。

つまり普段の自分とネットの自分はまるで別人というケースは多く、そうしたギャップに悩まされる方も増えています。
ネットでは自分らしさを出せると考えていても、実際は虚しさに悩まされてしまうわけです。

投稿内容には注意する必要がある

健全にネット社会を生き抜くためには、投稿内容には注意しなくてはいけません。
刺さない言葉遣いによって相手を傷つけてしまうケースは少なくないです。

知らない人から誹謗中傷を受けている場合、実際は自分にも非があったというケースは珍しくありません。
不特定多数が閲覧するのがネットですから、常に自身の言動には注意する必要があります。

誹謗中傷や差別的な発言をしないように注意し、投稿内容は一度読み返してみることが大切です。
ブログならすぐに投稿せずに1日寝かせるという方法も効果的です。

寝かせることで翌日になって文章の欠点に気づくケースは少なくありません。
自分の文章の欠点は自分で発見するのは難しく、特に書いた直後には言えることです。

後から冷静になって考えてみると、投稿内容に非があったと気づくケースはあるはずです。
ネットをするときは常に不特定多数に対して情報発信をするという意識を持っておきましょう。
相手を不快にすれば相応の攻撃がくるのはリアル社会と同じです。

義務だと認識するようになるとストレスが溜まる

ネット社会にどっぷりハマってしまうことで、それがストレスになるケースは多いです。
義務だと認識するようになるとストレスが溜まるので、あくまで趣味だと捉えておきましょう。

毎日投稿をする必要はなく、気が向いたときだけでいいのです。
あくまで投稿するペースは自分が決めることであり、回りに合わせる必要はありません。
毎日チェックしてくれるファンはいるかもしれませんが、毎日の更新が難しくなったときは気が向いたときに投稿すると言えば済むことです。

同様に写真投稿にも言えることで、金銭的に無理をして投稿する必要はありません。
人間はストレスが溜まることを続けることができないので、いずれ挫折することになるでしょう。

楽しむためにネットを活用しているのに、逆にストレスが溜まっては意味がないです。
ネット社会で疲れないためには、疲れたときはしばらく休むことも必要です。
休んでみることで自分は本当にネットが好きなのか把握できるでしょう。

株式会社ネットランドより引用

Published inビジネス