Skip to content

家庭用非常用発電機の導入を考えよう

発電機

停電には家庭用非常用発電機で備えよう

自然災害などの影響により停電になるという事は、近年多くなってきています。
電気が復旧するまでの時間は数時間で済む場合もあれば、数日かかる事もあります。

そこで、そのような事態に備えてあらかじめ準備をしておくようにしましょう。
家庭用非常用発電機を購入する場合には、どのような場面で使用する事を想定しているのかをまずは考えるようにしましょう。

そして、その上で発電機を使って使用するであろう電気機器の消費電力・起動電力をチェックします。
消費電力は普段耳にする事もある言葉ですが、起動電力はなかなか耳にしない言葉に感じられるかもしれません。

電気機器によっては、消費電力よりも大きな起動電力が必要となる場合があります。
危機によって異なりますが、表示されている電力の数倍の電力が必要となる場合もありますので、注意が必要です。

複数の電気機器を一度に使用するという場合には、それぞれの起動電力を合算する事によって、どのくらいの発電量が必要であるのかを知る事が出来ます。

家庭用非常用発電機のタイプについて

なお、発電機はいくつかのタイプに分ける事が出来ます。

安定した出力で、省燃費、低騒音という特徴のタイプ、比較的安定した出力を誇り、安価で導入する事が出来るタイプ、高出力でメンテナンス性に優れているタイプなどがあります。

使用する電気機器によっては、不安定な電力供給によって、故障などのトラブルを引き起こす可能性がありますので、注意をしましょう。

非常時に使用するという事に限定している場合には、ガソリンタイプとカセットボンベタイプの2つがオススメです。
ガソリンタイプは発電コストが安くある程度長時間連続して使用する事が出来ます。

一方のガスボンベタイプは燃料の劣化が少なく長期保存に向いている、燃料の保管がしやすいというメリットがあります。

家庭用非常用発電機の使用方法

普段の生活ではなかなか使用しない物ですので、いざという時にも使用方法が分からないという事もあります。

使い方はメーカーによって若干の違いが見られる事もありますので、非常時にすぐに使用する事が出来るように使い方をしっかりと確認する事はもちろんの事、燃料などについても確認をしておくようにすることが大切になります。

特に燃料にガソリンを使用するタイプの場合、長期的に保存する事でガソリンが劣化し、それが原因で故障してしまう事もあります。
1カ月以上使用しないという場合には、ガソリンを抜いた状態で保管しておくようにすることをおすすめします。

引用元:非常用発電機 負荷試験

Published in生活