Skip to content

花の仕入れ方法について

お店は、客に売るための商品を市場などから仕入れ、それを販売していくことによって利益を生む仕組みになっています。

このことは花屋さんでも同じことで、商品である花を仕入れ、これを客に販売して利益を得ていく仕組みになっています。

■花屋さんの仕入先について

仕入れ先には大きく分けてみると、卸売市場で自分がセリに参加をしてセリ落とし購入してくる方法と、仲卸業者を通じて購入する方法の2種類の方法があります。

どちらから購入していくかは、お店を経営している人が自分のお店のスタイルに合わせて決めていくことになります。

大切な客に販売する商品は、自分の目で確かめてから販売するためのい商品を選択して購入していかなければ、販売して良いのかが不安になってしまう経営者は、自分で卸売市場へ出かけて行き、自分の目でしっかりと商品を確認しながら客に販売するための商品を購入しています。

商品を客に販売していくことを中心にしていくために、卸売業者やフランチャイズなどから客に販売するための商品を購入するようにしている経営者などは、客に商品を販売することに専念し、販売するための商品は仲卸業者やフランチャイズのセンターなどから購入するようにしています。

また、あまり多くはありませんが、花を育てて卸売市場に持ち込んだり、仲卸業者やフランチャイズのセンターなどと契約をして卸している花農家へお店の経営者が直接行って、商品を購入している場合もあります。

■経営者がセリに参加する条件

このように様々な商品を買い入れる方法がありますが、経営者が自分で卸売市場へ行ってセリに参加するためにはいくつかの条件があります。

その条件は、年齢が満20歳以上で取引業務の経験が3年以上あり、商品を見極めることができ、100万円の業務資金が用意でき、事業所を東京に持っているなどが、東京の卸売市場でセリに参加するための条件となっています。

また、商品の販売に徹するために、仲卸業者やフランチャイズの本部などから商品を買い入れる場合には、商品をそろえることは簡単になってきますが、その分買い入れる商品の価格は高くなってしまい、卸売市場から買い入れる場合よりも1割ぐらいから2割ぐらい高くなってしまうことが多くなっています。

自分で商品を買い入れる場合は、商品を自分の目で確かめて買い入れることができ、比較的安い価格で商品を買い入れることができますが、その分、労力が必要になってしまいます。

また、インターネットを使っても商品の買い入れができるようになってきています。

このように、自分の店に合った仕入れ先を決めて、商品である花の仕入れを行うことになります。

花 仕入れ 曜日

Published in未分類