Skip to content

相手に伝える重要性を理解しておこう

日本人はコミュニケーションがあまり上手ではない民族とも言われています。
言葉で饒舌に語るよりも、黙って背中で語る。

「男は黙って…」といった言葉があるのは、あれこれ喋るよりも、黙って行動で示す。
一つの考え方ではありますが、コミュニケーションはとても大切です。

むしろ疎かにしてはならないものです。
何度も顔を合わせる職場の同僚や家族であれば、自分の事も次第に理解してもらえるでしょう。

初めは「?」と思われても、徐々に気持ちが通じ合うものです。
ですが、そのためには回数が大切です。

家族や職場の同僚のように、日常的に顔を合わせる関係であれば、黙っていても以心伝心出来るようになります。
ですが、非日常な相手の場合はそうはいきません。

いくら口下手ではあっても、自分の思っている事を伝えなければなりません。
出張マッサージを例にしてみましょう。

こちらも、何年とお世話になっている出張マッサージ師であれば良いでしょう。
ですが初めて施術してもらうような相手に、何も指示しない。

これではいくら力量のある出張マッサージ師といえど、ニーズを確実に掴むのは難しいです。
ましてや出張マッサージは時間制のサービスです。

延々と自分の体を弄る時間があれば、手探りで出来ますが、指定された時間の中で満足感を与えるためには、手探りでは難しいのです。
指示も何もない場合、それまでの経験則から、満足してもらえるであろう施術を行うしかありません。

ですがそこで出張マッサージ師とコミュニケーションを取り「自分がこういった疲れがある」「最近どこどこの調子が悪いような気がする」「普段はこういった仕事をしている」と事細かに伝えれば、出張マッサージ師も何をすべきか分かってくれます。
あれこれ指示を出すと出張マッサージ師が不快になるのではと思うかもしれませんが、言い方の問題です。

丁寧に伝えれば、出張マッサージ師も何をすべきか分かります。
つまり、結局はコミュニケーションが大切なのです。

⇒出張マッサージの費用や内容はどのくらい?

Published in未分類